体質改善!食べても太らないダイエット方法

健康や美容、気になるダイエットについて知らなかった、知っていて良かったと思える情報を発信します!

心理学に学ぶダイエット

   

心理学ダイエットとは?

現在、様々なダイエット情報が氾濫していて、“本当に効果があるのはどれ?”と迷ってしまう方も多いと思います。ダイエットを謳っている各種サプリメントやプロテイン、CMでおなじみのライザップを始めとした高額なマンツーマン指導・・・

お金もかかるし、第一に長続きしない恐れもあります。

そんな悩める方にお金も苦しい運動も必要ナシ!というダイエット法が存在することをしりましたのでシェアしたいと思います。

まず、何故ダイエットをするのか?という目的意識を持つ事が重要だと説明するのは埼玉学園大学で心理学を教える古澤照幸教授です。つまり、血圧の高い人ならば『痩せて数値を下げる』、糖尿病などの持病がある人ならば『血糖値を下げるために痩せる』という意識を持つことらしいです。

そこで心理学からアプローチしたダイエット法について調べてみました。何よりお金がかかりませんし、失敗したとしてもリスクがないですから。

恋愛心理学とダイエット?

恋をすると痩せると良く聞きますよね? 好きな人や憧れの異性を前にすると食欲が沸いてモリモリ食べれる・・・そんな人はあまり見かけません。っていうかいないと思います。ときめいている異性との食事では “喉を通らなくなる”なんてことは誰しも経験があることでしょう。

これは、気になる異性を前にドキドキすることでホルモンの分泌(βエンドルフィンエストロゲン)が多くなる結果、食欲が低下し、それがダイエット効果をもたらすということらしいです。

実際にβエンドルフィンエストロゲンというホルモンが出ているのかどうかは分かりませんが、好きな人に振り向いてほしい、痩せてスリムになってキレイになった自分を見て欲しい!そのために苦しくて辛いダイエットを成功させる!というメンタルを持ち続ける事ができるのでしょう。

 

恋する乙女は綺麗になる?

恋せよ乙女

気になる異性ができると、その異性に振り向いて欲しいから綺麗になるための努力をするし、何より毎日の生活に張りがでるものです。ワクワク感やドキドキすることが刺激となり、辛くて苦しいダイエットを乗り越えるチカラとなるのかもしれませんね。

ただし、恋愛に失敗してもヤケ食いだけは程々に・・・

 

“ある要素”を活性化させて驚異の脂肪燃焼体質へ☆モデルが実践するトータルビューティーワークのダイエット法!

 - 水とダイエットの関係