体質改善!食べても太らないダイエット方法

健康や美容、気になるダイエットについて知らなかった、知っていて良かったと思える情報を発信します!

水分補給でダイエットを加速!

      2016/02/05

 人体は60〜65%が水分で構成されています。

この水の働きで、身体にとって必要不可欠な栄養素や代謝物の運搬、

体温の調節などが行われて、生命の維持が保たれているのです。

 

さらに、体内の水不足が慢性化すると老廃物が溜まることで脂肪も

溜まりやすくなることが分かっています。

 

また、水分の不足によってお肌のかさ付きや肌荒れなどの原因にもなります!

それだけではなく、脳梗塞や心筋梗塞など命の危険性も増大します。

 

水分補給にうってつけなのは、やはりミネラルウォーターがお薦めです。

水道水では水分子が大きく、また塩素などの有害物質が含まれていますので

分子の小さくて塩素などの心配がないミネラルウォーターがやっぱりお薦め!

 

どの位飲めばいいの?

1日に摂取する水分摂取量の目安は約2〜3リットルと言われています。

日常生活において、女性なら2リットルで男性なら3リットルが推奨されています。

飲むタイミングは一度の沢山の水分を摂取するのではなく、200mlくらいの水を

こまめに飲んだほうがダイエットにも、胃にも効果的だという報告が上がっています。

 

いつ飲めばいいの?

1.起床時

朝起きたときの身体は、寝ている間にも発汗などで水分が失われており、

血液中のミネラル濃度も高くなっています。朝起きてすぐの水分の補給は非常に

大切なことなのです。

また、コップ一杯(200ml)の水分を補給することで腸のぜん動を活発にして便秘の

予防にも効果があるのです。

 

2.食前

食前に水分を摂ることで、満腹を得るとともに食べ過ぎを防ぐことができます。

 

3.運動や入浴をするとき

運動や入浴時には発汗により、身体の水分とともにナトリウムなど、人体に大切な

ミネラルも失われています。

運動をするときには十分な水分補給をしましょう。

ただし、市販のスポーツドリンクは糖度を多く含んだものがあるために、ミネラルウォ

ーターで薄めて摂取すればOKです。

 

4.寝る前

就寝前の水分補給も非常に大切です。

人間は睡眠中にも汗をかいています。水分の不足によって血液濃度がたかくなりドロドロの

状態となります。それによって脂肪の燃焼が悪くなることも分かっています。

就寝前にはコップ一杯の水を補給することを習慣づけましょう!

 

 

水分を摂取することで基礎代謝量が上がる?

水分を補給することで基礎代謝量が上がる理由として、まず身体の体温が下がることです。

身体は下がった体温を元に戻そうとして体温を上げようとします。

その下がった体温を上げるためにエネルギーを消費することで体温を元に戻すというメカニズム

です。

結果、そのメカニズムによって基礎代謝量が上がるというわけです。

また、水はノンカロリーなので飲み過ぎて太るという心配はありません。

 

ただし、基礎代謝量が上がるとはいえ一気に摂取することは止め、1日にこまめに摂取することを

心がけましょう。


 - 効果的な水分補給を!, 水とダイエットの関係